2010年02月09日

「わがまま」:上田正樹

さて、今回は上田正樹さんの「わがまま」です。



この曲に出逢ったきっかけは、大好きなゴスペラーズの村上てつやさんが、ラジオのライブで唄っていたのを聞いた時でした。
ものすごく感情を込めて唄っていたのが印象的で、即、誰の何ていう曲なのか調べたのを記憶しています。

で、原曲の収録されたアルバムを購入したのですが、ご本人(上田正樹さん)が唄う「わがまま」は、村上さんが唄っていたのとは印象がぜんぜん違うのに驚きました。
上田さんは、マイルドさの中に哀しみや寂しさを伝えてくるんです。
歌い手によって曲の印象や伝え方が、これだけ違ってくるんだと思いました。
もちろんそれは、双方とも素晴らしい歌手であるからこそ!だと思うんですね。

この曲、何が好きかって、歌詞ですね。
とてもせつない。そして哀しい。
最初から報われないと知って愛した人、そして別れの時。
この曲を聴いていると、自然と涙が出てきます。
哀しいけど、すごく素敵な詩です。
私の中に、その情景がすんなりと浮かんできます。。
posted by Natu at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。